設定マニュアル

T-PHONE

A.ADSLモデムの設定

1. ADSLモデムとパソコンを直接接続し、ADSLモデムの設定を行います。

ADSLモデムは「ルータモード」から「ブリッジモード」にします。
※設定を行う前に、ADSLモデムのファームウェアが最新のバージョンになっていることを確認してください。
ファームウェアのバージョン確認については各ADSLモデムのサポート情報をご確認ください。

・12M以上またはタイガースモデム(Aterm DR200シリーズ)

ADSLモデム(DR200シリーズ)のブリッジ設定方法

・1M・8M(TE4121CまたはTE4551)

ADSLモデム(TE412C / TE4551)のブリッジ設定方法

・40M(TE4571)

ADSLモデム(TE4571)のブリッジ設定方法

2. ADSLモデムとパソコンの電源を落とします。

▲ページTOPに戻る

B.機器の接続

※ISDN専用電話機やホームテレフォンなど一部の電話機ではご利用いただけない場合があります。
※パソコンを2台以上接続する場合、HUBを使用して接続してください。(TAにルータ機能あり)

第二電話としてご利用いただく場合

IP電話用にもう一台電話機をご用意いただき、一般回線とIP電話回線網とをお使い分けいただきます。

第二電話としてご利用頂く場合の注意点

  • 相互通話対象外の電話番号への発信は出来ませんので、一般電話回線が接続されている電話機で発信してください。
  1. モジュラージャックとスプリッタを接続します。
    スプリッタの「LINE」ポートとモジュラージャックを電話機コード(電話線)で接続します。
  2. スプリッタとADSLモデムを接続します。
    スプリッタの「MODEM」ポートとADSLモデムの「ADSL」(または「LINE」、「回線」)ポートを電話機コード(電話線)で接続します。
  3. ADSLモデムとTA(NEC DR500V)を接続します。
    ADSLモデムの「LAN」(または「パソコン」、「Ethernet」)ポートとTAの「WAN」ポートを、LANケーブルで接続します。
  4. TAとパソコンを接続します。
    TAの「パソコン」ポートとパソコンの「LAN」ポートを、LANケーブルで接続します。
  5. TAと電話機を接続します。
    TAの「電話機」ポートと電話機を、電話機コード(電話線)で接続します
  6. ADSLモデム、TA、パソコンの順に電源を入れてください。
  7. 接続が完了したら、TAの「POWER」ランプと「WAN」ランプが緑点灯になっていることを確認します。

今までの電話機で兼用される場合

IP電話での発信が基本となります。IP電話回線網経由では利用できない電話番号や一般回線経由でおかけ頂く場合は、電話番号の前に「0009」を付けて発信します。

今までの電話機で兼用される場合の注意点

  • 通常の発信はT-PHONE(IP電話回線網)から行うよう設定されています。
    一般回線から発信を行う場合は 先に「0009」をダイヤルしてください。
    <<回線ごとの発信音>>
    ・T-PHONE(IP電話)から発信の場合
    ダイヤル後、「プ、プ、プ、プ」のような和音の後、呼び出し音
    ・NTT回線から発信の場合
    ダイヤル後、「カチッ」のような機械音の後、呼び出し音
  • 「110」や「119」は自動的に一般回線から発信されます。
  • 「0120」「0570」「0990」などで始まる電話番号への発信は「0009」をダイヤルして一般回線で発信してください。
  • 停電や故障でIP電話からの発信が行えない場合、モデムのVoIPランプが赤点灯か消灯になります。
    この場合自動的に一般回線経由での発信となります。
  • 電話機のACR(LCR)機能を設定している場合、IP電話が利用できませんので電話機の説明書に従って解除してください。
  1. モジュラージャックとスプリッタを接続します。
    スプリッタの「LINE」ポートとモジュラージャックを電話機コード(電話線)で接続します。
  2. スプリッタとADSLモデムを接続します。
    スプリッタの「MODEM」ポートとADSLモデムの「ADSL」(または「LINE」、「回線」)ポートを電話機コード(電話線)で接続します。
  3. ADSLモデムとTA(NEC DR500V)を接続します。
    ADSLモデムの「LAN」(または「パソコン」、「Ethernet」)ポートとTAの「WAN」ポートを、LANケーブルで接続します。
  4. TAとパソコンを接続します。
    TAの「パソコン」ポートとパソコンの「LAN」ポートを、LANケーブルで接続します。
  5. TAと電話機を接続します。
    TAの「電話機」ポートと電話機を、電話機コード(電話線)で接続します。
  6. TAとスプリッタを接続します。
  7. ADSLモデム、TA、パソコンの順に電源を入れてください。
  8. 接続が完了したら、TAの「POWER」ランプと「WAN」ランプが緑点灯になっていることを確認します。
CLOSE

▲ページTOPに戻る