設定マニュアル

Windows : Microsoft Windows 8ダイヤルアップ接続の設定方法

A. 接続設定方法

1. すべてのアプリを表示します。

・Windows8.1の場合
スタート画面左下にある「↓」をクリックします。

・Windows8の場合
アイコンが何も表示されていないところで右クリックし、画面右下の「すべてのアプリ」をクリックします。

2. 「コントロールパネル」をクリックします。

3. 「コントロールパネル」が表示されますので、「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。

4. 「ネットワークと共有センター」画面が表示されます。「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。

5. 「接続またはネットワークのセットアップ」画面が表示されます。
「インターネットに接続します ブロードバンドまたはダイヤルアップによりインターネットへの接続を設定します。」を選択し「次へ」をクリックします。

6. 既にダイヤルアップ接続などの設定がある場合は、下記画面になります。
「いいえ、新しい接続を作成します(C)」を選択し「次へ」をクリックします。
※接続設定がない場合は手順7の画面になります。

7. 「ダイヤルアップ(D)」を選択します。

※モデムの選択画面が表示された場合は、この接続で利用するモデムを選択します。

※下記の画面になるような場合は、利用しているパソコンにダイヤルアップ用モデムが無い場合や、ダイヤルアップ用モデムが正しくパソコン上で認識していない場合となります。
ダイヤルアップ用モデムが正しくインストールされているかどうか確認をしてください。

8. 「インターネットサービスプロバイダー(ISP)の情報を入力します」画面が表示されますので以下のように設定してください。全ての入力が完了しましたら、「接続(C)」をクリックします。

■ダイヤルアップの電話番号(D):利用する「アクセスポイントの電話番号」を入力します。
■ユーザー名(U):【会員登録証】記載の「ダイヤルアップ接続ID
■パスワード(P):【会員登録証】記載の「ダイヤルアップ接続パスワード
尚、「パスワードの文字を表示する(S)」にチェックを入れると入力したパスワードが表示されます。
■このパスワードを記憶する(R):チェックを入れます。
■接続名(N):分りやすい任意の名前を入力します。
※ここでは「ダイヤルアップ接続」とします。

9. 以下の画面が表示され、接続が始まります。ここで、「スキップ(S)」をクリックします。

10. 以下の画面が表示され、「閉じる(C)」をクリックします。ネットワークと共有センターの画面に戻ります。

11. 「ネットワークと共有センター」画面で「アダプタ設定の変更」をクリックします。

12. 作成した接続設定(ここでは「ダイヤルアップ接続」)のアイコンの上で右クリックし「プロパティ(R)」をクリックします。

13. 「プロパティ」の「全般」タブにて「ダイヤル情報を使う(S)」にチェックを入れ、「ダイヤル情報(R)」をクリックします。

14. 「電話とモデム」画面が表示されます。既に、所在地情報を設定されている場合は、「編集(E)」をクリックし設定を確かめます。また、はじめて設定している場合は、手順15の画面になります。

15. 「所在地の編集」画面では下記項目を入力し、「OK」をクリックします。

■国/地域(R):日本
■市外局番(C):「000」を入力します。
■ダイヤル情報の枠内の項目は必要に応じて設定を行います。通常は空白のままになります。
■ダイヤル方法:回線種別を選択します。
※プッシュ回線の場合は「トーン(T)」、ダイヤル回線の場合は「パルス(P)」を選択します。

16. 「電話とモデム」画面に戻りますので、「OK」をクリックします。

17. 「プロパティ」の画面に戻りますので「OK」をクリックします。

18. 接続のテストを行います。作成した接続設定(ここでは「ダイヤルアップ接続」)をダブルクリックします。

19. 「ダイヤルアップ接続」をクリック後、「接続(C)」をクリックします。

20. 「接続」の画面で、「ダイヤル」をクリックしてください。

■ユーザー名(U):【会員登録証】記載の「ダイヤルアップ接続ID」
■パスワード(P):【会員登録証】記載の「ダイヤルアップ接続パスワード」

21. 「ネットワーク接続」の画面に戻りますので、接続設定(ここでは「ダイヤルアップ接続」)をダブルクリックします。

22. 「接続状態」の画面で接続済みとなっていることを確認します。
・インターネットを閲覧する場合は「閉じる(C)」をクリックし、ブラウザを起動してください。
・インターネットを閲覧しない場合は「切断(D)」をクリックし、接続を切断してください。
以上で、設定は終了となります。

▲ページTOPに戻る

B. 設定の確認・変更方法

1. すべてのアプリを表示します。

・Windows8.1の場合
スタート画面左下にある「↓」をクリックします。

・Windows8の場合
アイコンが何も表示されていないところで右クリックし、画面右下の「すべてのアプリ」をクリックします。

2. 「コントロールパネル」をクリックします。

3. 「コントロールパネル」が表示されますので、「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。

4. 「ネットワークと共有センター」画面で「アダプタ設定の変更」をクリックします。

5. 設定確認したい接続設定(ここでは「ダイヤルアップ接続」)のアイコンの上で右クリックし「プロパティ(R)」をクリックします。

6. 「プロパティ」の「全般」タブにて設定されている内容を確認します。
変更・確認後、「ダイヤル情報(R)」をクリックします。

■接続の方法:複数モデムがある場合は使用するモデムを選択します。
■市外局番(E):空白
■電話番号(P):利用する「アクセスポイントの電話番号」になっていることを確認します。
■国番号/地域番号(G):「日本(81)」
■ダイヤル情報(S):チェックをする。

7. 「電話とモデム」画面が表示されます。「編集(E)」をクリックします。

8. 「所在地の編集」画面で、設定項目を確認します。確認変更後「OK」をクリックします。

■国/地域(R):日本
■市外局番(C):「000」を入力します。
■ダイヤル情報の枠内の項目は必要に応じて設定を行います。通常は空白のままになります。
■ダイヤル方法:回線種別を選択します。
※プッシュ回線の場合は「トーン(T)」、ダイヤル回線の場合は「パルス(P)」を選択します。

9. 「電話とモデム」画面に戻りますので、「OK」をクリックします。

10. 「オプション」タブをクリックし、設定項目を確認します。

■接続中に進行状況を表示する(D):チェックする
■名前、パスワード、証明書などの入力を求める(P):チェックする
■Windowsログオンドメインを含める(W):チェックなし
■電話番号の入力を求める(N):チェックする
切断するまでの待ち時間(M):任意
PPP設定(G):変更の必要はありません。

11. 「ネットワーク」タブをクリックし、設定項目を確認します。
「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」にチェックが入っていることを確認し、
「プロパティ(R)」をクリックします。

12. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ」画面が開きますので、
以下のようになっていることを確認してください。確認変更後「OK」をクリックします。

■「IPアドレスを自動的に取得する」(O)を選択
■「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」(B)を選択

13. 「ネットワーク」タブの画面に戻ります。「OK」をクリックし確認変更を終了します。

▲ページTOPに戻る

C. 接続方法

1. デスクトップ画面右下のタスクバーに表示されている接続のアイコンをクリックします。

2. 接続をしたい接続設定(ここでは「ダイヤルアップ接続」)をクリック後、「接続(C)」をクリックします。

3. 「接続」の画面で、「ダイヤル(D)」をクリックしてください。

▲ページTOPに戻る

D. 切断方法

1. デスクトップ画面右下のタスクバーに表示されている接続のアイコンをクリックします。

2. 「ダイヤルアップ接続」をクリック後、「切断(D)」をクリックします。

CLOSE

▲ページTOPに戻る