設定マニュアル

セキュリティセンターの設定(Windows 8)

ファイアウォールの設定

1. すべてのアプリを表示します。

・Windows8.1の場合
スタート画面左下にある「↓」をクリックします。

・Windows8の場合
アイコンが何も表示されていないところで右クリックし、画面右下の「すべてのアプリ」をクリックします。

2. 「コントロールパネル」をクリックします。

3. 「コントロールパネル」が表示されますので、「システムとセキュリティ」をクリックします。

4. 「システムとセキュリティ」が表示されますので「Windows ファイアウォール」をクリックします。

5. 「Windows ファイアウォール」画面が表示されます。
「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

6. 「設定のカスタマイズ」画面が表示されますので以下のように設定してください。

■「Windowsファイアウォールを有効にする」チェックを入れ、「OK」ボタンをクリックしてください。

7.以下の画面が表示され、これでWindowsファイアウォールの設定は完了です。

▲ページTOPに戻る

セキュリティセンターについて

ここではファイアウォール、自動更新、スパイウェアと不要なソフトの対策、インターネットセキュリティ設定、
ユーザーアカウント制御、ネットワークアクセス保護の状態を確認できます。

1. すべてのアプリを表示します。

・Windows8.1の場合
スタート画面左下にある「↓」をクリックします。

・Windows8の場合
アイコンが何も表示されていないところで右クリックし、画面右下の「すべてのアプリ」をクリックします。

2. 「コントロールパネル」をクリックします。

3. 「コントロールパネル」が表示されますので、「コンピュータの状態を確認」をクリックします。

4. 「アクションセンター」画面が表示されます。

■保護されている場合 ⇒「問題は検出されませんでした。」とのメッセージがでます。

■保護されていない場合
⇒「問題が検出されました。」とのメッセージがでます。
保護されている状態にするには、それぞれの設定を有効にしてください。

Windows Update自動更新(Windows 8)

CLOSE

▲ページTOPに戻る