設定マニュアル

MicrosoftOutlook2016の設定(POP)

■tigers-net.comドメインの場合

メールアカウント txxxxxxx
メールアドレス txxxxxxx@tigers-net.com
別名メールアドレス 未設定
送信サーバ mailsv1.tigers-net.com
受信サーバ mailsv1.tigers-net.com

■t-bb.jpドメインの場合

メールアカウント txxxxxxx
メールアドレス txxxxxxx@t-bb.jp
別名メールアドレス 未設定
送信サーバ mailsv1.t-bb.jp
受信サーバ mailsv1.t-bb.jp

・マニュアル内の各設定値はtigers-net.comドメインの場合を例としています。「t-bb.jp」を利用する場合は上表をご確認ください。
・本マニュアルはPOPでのメール設定方法をご案内します。IMAPで設定を行う場合は、メールソフト設定情報一覧で、設定情報をご確認ください。

A. 電子メールアカウントの新規作成

1. Outlook2016を起動します。

2.「Outlook 2016へようこそ」、もしくは「Outlook へようこそ」画面が表示されます。

 「Outlook 2016へようこそ」画面が表示された場合はこちら
 「Outlook へようこそ」画面が表示された場合はこちら

■「Outlook 2016へようこそ」画面が表示された場合

3.「次へ」をクリックすると、「電子メールアカウントの追加」画面が開きます。「はい」が選択された状態で「次へ」をクリックします。

4.「自動アカウントセットアップ」画面が開きます。「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする」をチェックし、「次へ」をクリックします。

5.「サービスの選択」画面が開きます。「POPまたはIMAP」をチェックし、「次へ」をクリックします。

6.「POPとIMAPのアカウント設定」画面が開きます。「会員登録証」を確認し必要事項を入力します。
  「「次へ」をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする」のチェックを外し、「詳細設定」をクリックします。

■名前:メールのやり取りで表示させるお客様のお名前
■電子メールアドレス:「会員登録証」の「メールアドレス」
■アカウントの種類:「POP3」を選択
■受信メールサーバー:「会員登録証」の「受信サーバ」
■送信メールサーバー:「会員登録証」の「送信サーバ」
■アカウント名:「会員登録証」の「メールアカウント」
■パスワード:「会員登録証」の「メールパスワード」
■パスワードを保存する:パスワードを保存して利用する場合はチェック

7.「インターネット電子メール設定」画面が開きます。「送信サーバー」タブを選択します。
  「送信サーバ(SMTP)は認証が必要」にチェックし、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択します。

8.同画面で、「詳細設定」タブを選択します。以下のように設定し、「OK」をクリックします。

■受信サーバー(POP3):995を入力
■このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要:チェック
■送信サーバー(SMTP):465を入力
■使用する暗号化接続の種類:SSLを選択
■サーバーにメッセージのコピーを置く:お好みで設定してください。
弊社のメールボックスは容量上限2GB、保存期間90日です。
スマートフォンやタブレットと併用(IMAPと併用)して利用する場合は、チェックして頂く事をお奨めします。

9. 「POPとIMAPのアカウント設定」画面に戻ります。「次へ」をクリックします。

9

10. セットアップの完了画面が開きます。
  「完了」をクリックし、電子メールアカウントの作成を終了します。

10

■「Outlookへようこそ」画面が表示された場合

3.「会員登録証」の「メールアドレス」を入力し、「詳細オプション」をクリックします。
別名メールアドレスを取得している場合は、@の前部分に別名メールアドレスを入力します。

4.詳細オプションの下に「自分で自分のアカウントを手動で設定」が表示されますので、チェックして「次へ」をクリックします。

5.「アカウントの種類を選択」画面が表示されますので、「POP」をクリックします。

6.「POPアカウントの設定」画面が表示されますので、以下のように設定し、「次へ」をクリックします。

【受信メール】
 ■サーバー:「会員登録証」の「受信サーバ」 
 ■ポート:995
 ■このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要:チェック
 ■セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要:チェックを外します。

  【送信メール】
 ■サーバー:「会員登録証」の「送信サーバ」
 ■ポート:465
 ■暗号化方法:SSL/TLS 
 ■セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要:チェックを外します。

【メッセージ配信】
 ■既存のデータファイルを使用:ご利用に合わせて設定します。

7.パスワードの入力画面が表示されますので、「会員登録証」の「メールパスワード」を入力し、「接続」をクリックします。
※お客様にてパスワード変更している場合は、変更後のパスワードを入力します。

8.「次のサーバーのアカウント名とパスワードを入力してください。」と表示されますので、以下のように設定を確認し、「OK」をクリックします。

■サーバー:入力した受信サーバー名が表示されます。
■ユーザー名:「会員登録証」の「メールアカウント」 
 ※別名をご利用の場合も 「会員登録証」の「メールアカウント」を入力してください。
■パスワード:「会員登録証」の「メールパスワード」 
 ※お客様にてパスワード変更している場合は、変更後のパスワードを入力します。
■パスワードをパスワード一覧に保存する:必要に応じてチェックをつけます。
 ※チェックをつけておくことで、次回よりパスワードの入力が不要になります。

9. 完了画面が表示されます。
  「Outlook Mobileをスマートフォンにも設定する」のチェックを外してから、「OK」をクリックしてください。
スマートフォン用の設定画面が開いてしまった場合は、「×」ボタンで閉じてください。

9

「Outlookへようこそ」画面が表示された場合の手順では、メールの差出人名(メールを送信した際に表示されるお名前)が[メールアドレス]となっております。次手順の「電子メールアカウントの設定確認」の【4】で表示される「アカウントの変更」画面で「名前」の項目をお客様のお名前に変更してください。

▲ページTOPに戻る

B. 電子メールアカウントの設定確認

1. Outlook 2016を起動し、メニューバーの「ファイル」タブをクリックします。

2. メニューから「情報」画面を開き、「アカウント設定」→「アカウント設定」を選択します。

3. 「電子メールアカウント」画面が開きます。設定を確認したいメールアカウントを選択し「変更」をクリックします。

4. 「POPとIMAPのアカウント設定」画面が開きます。以下のように設定し、「「次へ」をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする」のチェックをはずしてください。確認できたら、「詳細設定」をクリックします。

■名前:メールのやり取りで表示させるお客様のお名前
■電子メールアドレス:「会員登録証」の「メールアドレス」
■アカウントの種類:「POP3」を選択
■受信メールサーバー:「会員登録証」の「受信サーバ」
■送信メールサーバー:「会員登録証」の「送信サーバ」
■アカウント名:「会員登録証」の「メールアカウント」
■パスワード:「会員登録証」の「メールパスワード」
■パスワードを保存する:パスワードを保存して利用する場合はチェック

5. 「インターネット電子メール設定」画面が開きます。「送信サーバー」タブを選択します。
  「送信メールサーバー(SMTP)は認証が必要」及び、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」にチェックします。

6. 同画面で、「詳細設定」タブを選択します。以下のように設定し、「OK」をクリックし画面を閉じます。

■受信サーバー(POP3):995を入力
■このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要:チェック
■送信サーバー(SMTP):465を入力
■使用する暗号化接続の種類:SSLを選択
■サーバーにメッセージのコピーを置く:お好みで設定してください。
弊社のメールボックスは容量上限2GB、保存期間90日です。
スマートフォンやタブレットと併用(IMAPと併用)して利用する場合は、チェックして頂く事をお奨めします。

7. 「POPとIMAPのアカウント設定」画面に戻ります。「次へ」をクリックします。

8. セットアップの完了画面が開きます。 「完了」をクリックします。

9.「電子メールアカウント」画面に戻ります。「閉じる」をクリックし、画面を閉じます。
 以上で電子メールアカウントの設定は完了です。

CLOSE

▲ページTOPに戻る